縦ぽん!!

ブログで記事を書くことに慣れてないと、なかなか思うように書けなくて悩んだり、時間がかかってしまうことがあります。

ブログ記事の書き方として「テンプレートに従って文章を書く」意味は分かっても、何をどう書けばよいのか分からないという場合、webライターを始めてみるとその問題を解決できるかもしれません。

というのも、webライターにはクライアントが要求するテーマやストーリーを理解し、それに沿った文章を書けるスキルを求められるからです。つまり、webライターとして記事を書くことで、文章を書くためのスキルアップを図れます。書きたいテーマをみつけたり、伝えたいストーリーを考える前に、まずは他の人に読んでもらえる文章の書き方を身につけることが大事なのです。

ここでは、webライターで記事の書き方を学び実践する4つのメリットについて説明します。

webライターの4つのメリット

ここではクラウドソーシングなどを利用して、文章を書くことで報酬を得ている人(=プロ)をwebライターとします。webライターは報酬を得ているわけですから、報酬の額に関係なくプロとして仕事をしているわけです。

webライターとして文章を書くようになると次のようなメリットがあります。

相手が求める文章を書く練習ができる

webライターが案件を受ける場合、必ず要件が指示されています。テーマやストーリーに沿った文章を求められるわけですが、要件を満たす文章を書くことで相手が求める文章を書く練習ができます。

書いた文章を客観的に評価してもらえる

あなたが書いた文章は内容に問題がないか、報酬を受けるに値する文章になっているか、などを判断されます。そして「採用」か「不採用」という非常にわかりやすい評価を受けます。書いた文章に対して問題点について添削をしてもらえることはまれですが、少し手を加えればよくなる文章であれば「再提出」を受け付けてもらえることもあります。

残念ながら不採用となった場合、なぜ採用されなかったのかということを自己分析することで、問題点を見つられます。

ブログの場合、それぞれのページが読み込まれた(=ロードされた)ことまではわかりますが、文章を読んでもらえたかどうかは正確にわかりませんし、評価してもらえるわけではありません。ブログに記事を書くこととwebライターとして記事を書くことの大きな違いがここにあります。

文章を書くことで報酬を得られる

webライターが書いた文章は採用されると当然報酬を得られます。文字単価〇円という厳しい条件ですが、経験を積める上に多少でも収益を得られるのですから、全くの損ではありません。採用された案件の数によって報酬の条件が良くなることもあるので、頑張った分の報酬は得られるようになるでしょう。

成果をポートフォリオとして残せる場合がある

書いた文章はあなたのポートフォリオ(=実績)として記録できる場合があります。実際は守秘義務や契約条件などの関係から、記録を取ったり公にできないケースもあるため注意が必要です。

同じようなwebライター系の仕事を受ける時に有利になる場合があるので、問題がなければ成果をポートフォリオとして残しておいた方が良いのは言うまでもありません。

webライターを始めるにはクラウドソーシングサイトへの登録が近道

webライターを始めるにはクラウドソーシングサイトに登録するのが近道です。クラウドソーシングサイトはいくつかありますが、webライターとしてスキルアップを図るのが目的なら、ライティング案件に強いサイトを選ぶとよいでしょう。

ランサーズ

https://www.lancers.jp

ランサーズは案件の数が非常に多く、国内のクラウドソーシングサービスとしてはおそらく最大級といわれています。当然のように登録者数も多く、条件が良い案件には応募者が殺到するくらいです。

ライティング以外の案件も多く、デザイン制作、webサイトの制作、システム開発といったより専門的な案件も数多くあります。

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

クラウドワークスも後発ではありますが、案件数が多く、ランサーズと双璧をなすクラウドソーシングサービスと言ってよいでしょう。

どちらが良いということもないので、気に入った方を利用する、もしくは条件のいい案件を選んで応募する、というスタイルでよいでしょう。

サグーワークス

https://works.sagooo.com/

サグーワークスはライティングに特化したサイトです。

サグーワークスは【プラチナライター】になることでより条件の良い案件を受けることも可能です。

当然、誰でも簡単にプラチナライターになれるわけではありませんが、プラチナライターに合格することで、一定水準以上の文章を書けるスキルがあることを認めてもらえます。そのうえ、条件の良い案件を受けられるので、チャレンジしてみるとよいでしょう。

まとめ

webライターとして文章を書くようになると、相手に伝えるための文章を書くスキルを身につけられます。まずは伝える文章を書くことで、ブログで思い通りの文章を書けるようになるのを目指しましょう。

関連する記事