縦ぽん!!

Windows10の「仮想デスクトップ」はこれまで一つしか使えなかったデスクトップ環境を複数使えるようになる機能です。

「仮想デスクトップ」を上手に使うと、効率よく作業できることもあるので、覚えておいて損はありません。

「仮想デスクトップ」のメリット

「仮想デスクトップ」を使えばモニタが一つでもマルチモニタを使うような感じで作業場所(デスクトップ)を増やせます。

例えば、仕事中に急な別の仕事を頼まれたりした場合に「仮想デスクトップ」を使うと、他のウィンドウに邪魔されないデスクトップで作業ができるのです。作業が終わって「仮想デスクトップ」を削除すれば元の作業にスムーズに戻れます。

また、パソコンの環境によってはマルチモニタが使えない場合もありますが、「仮想デスクトップ」でマルチモニタのような使い方もできるのです。

「仮想デスクトップ」の使い方

「仮想デスクトップ」そのものは特別難しいことではありませんが、快適に使うためにショートカットキーでの操作を覚えましょう。

ショートカット キー 機能
+ Tab タスクビューの表示
+ Ctrl + D 新しいデスクトップを作成
+ Ctrl + ← 前のデスクトップに切替
+ Ctrl + → 次のデスクトップに切替
+ Ctrl + D 現在のデスクトップを削除

とりあえず「 + Tab」を覚えれば、マウス操作でデスクトップを切り替えられますが、ショートカットキーで操作した方が素早く切り替えられます。

「仮想デスクトップ」は削除しても、開いていたアプリケーションはそのまま残り、ひとつ前のデスクトップに移動します。

アニメーションの停止

Windows10のアニメーション効果がオンになっていると、デスクトップが瞬時に切り替わりません。オンのままでも気にならない場合はともかく、少しでも早く切り替えたい場合はアニメーション効果をオフにしましょう。

  1. Windows 10の「設定」画面を表示する。
  2. Windowsの設定画面で「簡単操作」を選択する。
  3. Windowsにアニメーションを表示するを「オフ」にする。

Windows10のバージョンによっては設定項目の場所や名称が異なる場合があります。

「仮想デスクトップ」の設定

「仮想デスクトップ」の設定を変更すると、開いているウィンドウの表示を切り替えられます。

それぞれ【使用中のデスクトップのみ】から【すべてのデスクトップ】に変更するとタスクバーや Alt + Tab キーを押したときにウィンドウが表示されるようになるため、デスクトップの切り替え操作をせずにデスクトップを切り替えられます。

  1. Windows 10の「設定」画面を表示する。
  2. Windowsの設定画面で「システム」を選択する。
  3. 左のメニューから「マルチタスク」を選択する。
  4. 仮想デスクトップの2つの項目【タスクバーに次の場所で開いているウィンドウを表示する】【Alt + Tab キーを押したときに次の場所で開いているウィンドウを表示する】の設定を変更する。

使用中のデスクトップ以外のウィンドウが表示されるとかえって煩わしく感じることもありますが、デスクトップの切り替えが簡単になるので好みに合わせて調整しましょう。

私の場合、それぞれの作業を分けるために「仮想デスクトップ」を使うことが多いため、ウィンドウの表示は【使用中のデスクトップのみ】にするようにしています。

「仮想デスクトップ」の不満点

実際に「仮想デスクトップ」を使ってみると、いくつか不満点もあります。

  • 「仮想デスクトップ」の順番を変えられない。
  • マウス操作中の「仮想デスクトップ」の切替操作が煩わしい。

ひとつ目はWindows10のバージョンアップで改善を期待したいところです。Macの場合は「操作スペース」と呼ぶようですが、こちらは順番を変えられるそうです。

ふたつ目は使用するショートカットキーため、マウスに触れた状態では「仮想デスクトップ」を切り替えることができないということです。せめて Alt + Tab のショートカットキーのように左手だけで「仮想デスクトップ」を切り替えられると便利なのですが……。

まとめ

これまでマルチモニタ環境で作業することに慣れていたため「仮想デスクトップ」を使っていませんでした。

シングルモニタ環境で作業する機会が増えたこともあり「仮想デスクトップ」を使ってみたわけですが、思っていた以上に「仮想デスクトップ」が使えることが分かりました。

「仮想デスクトップ」はノートパソコンのようにシングルモニタでもマルチモニタのような使い方ができるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連する記事