縦ぽん!!

Amazon プライムやKindle Unlimitedを利用していて、Windowsの電子書籍ソフト「Kindle for PC」を使っていると、時々利用を終了した本がいつまでもライブラリに残ってしまうことがあります。

残っていても大きな問題にはなりませんが、ちょっとした操作で解決できます。

ライブラリにない本を消す方法

ライブラリにないはずの本が残ってしまう原因はよくわかりませんが、ダウンロードしたコンテンツデータがおかしくなっていると考えられます。

このような状態になったときは、以下の操作で解決できます。

  1. 「Kindle for PC」を起動します。
  2. メニューバーから「ツール」→「オプション」を選択します。
  3. 「オプション」ダイアログが表示されたら、左の一覧にある「登録」をクリックして「登録解除」ボタンをクリックします。
  4. 「登録解除により、Kindleストアからダウンロードした全てのコンテンツがこのデバイスから削除されることに同意します。」をチェックして「登録解除」ボタンをクリックします。
  5. 「キャンセル」ボタンをクリックして「オプション」ダイアログを閉じます。
  6. 「Kindle for PC」を再起動します。
  7. 2.と同じ手順で「オプション」ダイアログを開きます。
  8. 左の一覧にある「登録」をクリックして「登録」ボタンをクリックします。
  9. Amazonのアカウント情報を入力して「ログイン」ボタンをクリックします。
  10. ライブラリに利用中の本と、購入済みの本が表示されるので、読みたい本をダブルクリックしてコンテンツデータをダウンロードします。

つまり、コンテンツデータが正しい状態になれば解決するのです。

パソコンのコンテンツデータは一度消えてしまいますが、利用中の本や購入済みの本の情報はAmazon上にあるので、コンテンツデータをダウンロードすれば元に戻ります。

注意点

登録解除をしても「Kindle for PC」を再起動しないと、コンテンツデータが削除できない場合があるようです。

ソフトの再起動が面倒くさいかもしれませんが、確実にコンテンツデータを削除するにはソフトを再起動するのが良さそうです。

関連する記事