縦ぽん!!

プラグイン「Revive Old Posts」

ブログの記事を拡散させる方法として、SNSで記事をアピールすることが考えられます。一般に検索エンジンからの流入と比べてSNSからの流入はあまり期待できないといわれていますが、誰かの目に触れる機会が増えることは悪いことではありません。ですが、記事のアピールをいちいち手動で行うのも大変ですので、このような機械的な作業は自動化するのが一番です。

WordPressでブロブを作成しているなら、プラグインを利用して自動で記事をSNSに投稿することができるようになります。このブログではプラグイン「Revive Old Posts」を導入し、定期的にTwitterへ自動投稿するようにしました。導入までの手順は少々面倒ですが、一度設定してしまえばその後は自動運転されるので、一切手間がかかりません。

このブログでも「Revive Old Posts」を導入してから、僅かならがTwitterからの流入が増えるようになりました。せっかくですので事前に必要となるTwitterの「API key」と「API secret key」を取得する手順と「Revive Old Posts」の導入について説明します。

Twitterの事前準備

Twitterのアカウントは当然登録済みとして、Twitterの設定で国や電話番号が登録されてないとダメなようなので、登録が済んでないようであれば作業前に登録しておきましょう。また「API key」と「API secret key」の取得の際にブラウザ上でログインンしておく必要があるので、こちらも忘れないようにログインしておいてください。

Twitterの「API key」と「API secret key」を取得する方法

まず、ブラウザから以下のアドレスにアクセスします。

https://developer.twitter.com/en/apps

表示されたページで「Create an app」をクリック

表示されたページで「Create an app」をクリックします。

「Apply」をクリック

developer accountの申請が済んでない場合、上のような画面が表示されるようですので、「Apply」をクリックします。

アカウント名が表示されたらその下にある「Continue」をクリック

アカウント名が表示されたらその下にある「Continue」をクリックします。

「I am requesting access for my own personal use」を選択し、Twitterのユーザー名を入力

次の画面では2番目の「I am requesting access for my own personal use」を選択し、Twitterのユーザー名を入力します。Primary country of operationはJapanを選択して「Continue」をクリックします。

「Publish and curate Tweets」「Engagement and customer service」「Other」を選択

次の画面では以下を選択します。

  • Publish and curate Tweets
  • Engagement and customer service
  • Other

Revive Old Postsの設定方法のページのサンプルをコピペ

「Describe in your own words what you are building」の質問にはRevive Old Postsの設定方法のページにサンプルが乗っているのでその通りに入力(コピペ)します。

画面一番下の質問には「No」を選びます。そして「Continue」をクリックして次の画面へ進みます。

2つのチェックボックスにチェックを入れて「Submit application」をクリック

次の画面では規約に目を通し(スクロールさせます)2つのチェックボックスにチェックを入れて「Submit application」をクリックします。規約を全てスクロールしないとクリックが有効にならないので注意しましょう。

メール送信の画面

メール送信の画面が表示されます。

「Confirm your email」をクリック

Twitterに登録しているメールアドレスに登録を続けるためのメールが送られているので確認します。

「Create an app」をクリック

Welcome!と書かれたページが表示されるので「Create an app」をクリックします。

詳細情報入力画面

詳細情報を入力します。

  • App name:分かりやすい名前をつけます(Twitter全体で一意の名前? となるようです)。
  • Application description:「shares posts to Twitter」と入力します。
  • Website URL:ブログのURLを入力します。
  • Callback URLs:Revive Old PostsのダッシュボードのURL(ほとんどの場合「ブログのURL/wp-admin/admin.php」でいけるはずです。)
  • Tell us how this app will be used:「This app is for internal use not public use. It allows my website to share posts to my Twitter account so my followers can engage with.」と入力します。

Tell us how this app will be used

入力が終われば「Create」ボタンをクリックします。

「Create」ボタンをクリック

確認画面が表示されるので「Create」をクリックします。

「Keys and tokens」タブをクリック

画面が切り替わり、このような画面が表示されるので「Keys and tokens」タブをクリックします。

「API key」と「API secret key」

「API key」と「API secret key」が表示されるので、この2つを控えておきます。メモ帳などを開いてキーの値をコピペしておくと便利です。Twitterの「API key」と「API secret key」の取得は以上となります。

Revive Old Postsに「API key」と「API secret key」を登録

API keyとAPI secret keyを取得したら、次はWordpressでプラグイン「Revive Old Posts」にTwitterアカウントを連携させます。

「Add account」からTwitterをクリック

ダッシュボードの左メニューから「Revive Old Posts」を選び、開いた画面の「Add account」からTwitterをクリックします。

API keyとAPI secret keyの入力

API keyとAPI secret keyの入力画面が表示されるので、先ほど取得した内容を入力します。

「連携アプリを認証」ボタンをクリック

アカウントの利用を許可するかどうか聞かれるので、TwitterのIDとパスワードを入力してから「連携アプリを認証」ボタンをクリックしてください。自動的に画面が切り替わり、追加したTwitterアカウントが一覧に表示されたら成功です。

「Revive Old Posts」プラグインの設定

「Revive Old Posts」プラグインはPro版を購入しないと「Custom Schedule」「Sharing Queue」タブ内の機能や他のタブの機能の一部は使えません。

Pro版を購入しなくてもそれなりに使用することができます。設定できる項目については、拙作WordPressテーマ「Garyu」を使用した場合の設定として参考にしてください。

General Settings

Minimum interval between shares

Twitterの投稿間隔を時間で指定します。私は12時間で設定しました。

Minimum post age

新規投稿から指定日数経過しないとTwitterへ投稿しません。0にすることで記事投稿直後からTwitterへの投稿キューへ含まれるようになります。

Maximum post age

古い記事は投稿しないようにすることもできます。0にするとすべての投稿が対象となります。

Number of posts

一度につぶやく投稿の数のようです。1のままで問題ないと思います。

Share more than once?

一度だけ投稿するか否か、を決めるスイッチのようです。私はチェックを付けたままにしています。

Taxonomies

カテゴリやタグを投稿に含めるか除外するか登録します。私は2つのカテゴリ「Monologue」「Archive」を除外(Exclude? にチェック)しています。

Enable Google Analytics Tracking

よくわからないので、デフォルトのまま(オン)にしています。

Enable Instant Sharing option

よくわからないので、デフォルトのまま(オン)にしています。

Enable instant sharing by default.

よくわからないので、デフォルトのまま(オフ)にしています。

Housekeeping

よくわからないので、デフォルトのまま(オフ)にしています。

Post Format

Post Content

ここは「Post Title」を選択しています。

Maximum chars

デフォルトの140のままです。

Additional text

ここは特に設定していません。

Include link

チェックを付けます。たぶんチェックを付けないと、リンクがないTwitterカードになると思います。

Custom field

ここは未使用です。

Use url shortener

チェックを付けます。

URL Shortener Service

短縮urlを使用する場合の種類を選択するようですが、私はwp_short_urlを選択しました。

Hashtags

Dont add any hashtagsを選択しました。

Twitterカードについて

「Revive Old Posts」プラグインはPro版を購入しないと画像付きのカードを作れないようですが、拙作WordPressテーマ「Garyu」をはじめとして、Twitterカードに対応したテーマではPro版でなくとも画像付きのカードを作ることができます。

作り方はそれぞれのテーマのヘルプなどを確認してみてください。ちなみに「Garyu」の場合はWordPressテーマ「Garyu」をインストールする方法にて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしょうか。Revive Old Postsは導入が少々面倒ですが、一度設定を済ませてしまえば、以降は自動でTwitterへ記事をつぶやいてくれるようになります。インフルエンサーに補足され、記事が拡散されると一時的なものではありますが、PVの増加が期待できますし、場合によっては継続的な読者が増える可能性もあります。

使用しているテーマによっては「Revive Old Posts」プラグインを無償のまま使っても、画像付きTwitterカードを作れますので、ぜひ使ってみてください。

関連する記事