縦ぽん!!

個人でブログを持ちたいとき、自分好みにブログを作り上げることができるのがWordPressの魅力です。当サイトで配布しているWordPressテーマ「Garyu」もその一つですが、このテーマはシンプルな構造と複雑な設定が不要というポイントがあります。

ここでは一般的なWordPressテーマのインストール手順に沿って、「Garyu」のインストール手順を解説します。

事前準備

新規にテーマファイルをインストールする場合はあまり影響はありませんが、それまで使用していたテーマファイルから変更する場合、いくつか準備しておいた方が良いものがあります。

WordPressのバックアップ

いうまでもないことですが、何かあったときのために作業前にはバックアップを取りましょう。

PHPのバージョンを確認する

WordPressのテーマファイルをインストールする以上、WordPress自身のインストールが完了していることが前提となりますが、PHPのバージョンが多少古くてもWordPressのインストールは可能です。しかし、これからインストールしようとしているテーマファイルはPHPのバージョンが古いと期待通り動作しないものがあるかもしれません。

テーマファイルをインストールしたらWordPressがおかしくなった……ということがないよう、事前にPHPのバージョンだけは確認しておきましょう。また、テーマファイルによっては動作要件としてPHPのバージョンを指定しているものがあるかもしれないため、こちらもあわせて確認した方が良いでしょう。

「Garyu」の場合は動作確認環境に記してある通り、少し古いPHPでも動くことを確認していますが、PHP 7の方が処理性能が向上しているため、WordPress.orgの推奨環境に近い環境で動作させることをおすすめします。

導入済みプラグインの確認と、機能停止

インストールするテーマファイルによって、導入済みプラグインと重複する機能を持つものがあります。プラグインを有効にしたままテーマを変更すると問題が発生する場合があります。このため、テーマファイルを変更する場合は事前にプラグインの機能を停止しておきましょう。

インストールしたテーマファイルが気に入るものではなかった場合、プラグインを停止しておけば元の状態に戻すのはさほど難しい話ではありません。

「Garyu」の場合はLightbox系jQueryプラグイン「Lightbox2」が実装されているため、Lightbox系プラグインが機能していると問題が発生する可能性があります。

テーマファイルのダウンロード

WordPressに登録されている無料テーマ以外のテーマを使用する場合、事前にテーマファイルをダウンロードする必要があります。テーマファイルはZIP形式で圧縮されていますが、展開する必要はありません。

テーマファイルには子テーマを併用する(した方が良い)ものもあります。子テーマも配布している場合はそちらもダウンロードしておいた方が良いでしょう。

「Garyu」は子テーマは必須ではありませんが、子テーマを通してみることで「Garyu」の構造を把握する手助けくらいにはなると思いますので、教材代わりにダウンロードすることをおすすめします。WordPressテーマ「Garyu」ダウンロードページより最新バージョンのテーマファイルとサンプル子テーマをダウンロードしてください。

テーマファイルのインストール

ダウンロードしたテーマファイルのインストールには「管理画面からインストールする方法」と「ファイルをアップロードしてインストールする方法」がありますが、テーマファイルをそのままインストールする場合は前者の方法で問題ありません。後者の方法は何らかのカスタマイズを行ったテーマファイルをインストールする場合に用います。

ここでは前者の方法について説明し、後者の方法については別の機会に改めることにします。

管理画面からインストールする方法

  1. WordPressにログインした状態でダッシュボードのメニューから「外観」→「テーマ」を選択します。
    「外観」→「テーマ」を選択します
  2. テーマ画面の「新規追加」をクリックします。
    「新規追加」をクリックします
  3. 「テーマのアップロード」をクリックします。
    「テーマのアップロード」をクリックします
  4. 「ファイルを選択」をクリックするとファイル選択ダイアログが表示されますので、ダウンロードしておいたテーマファイルを選択します。
    「ファイルを選択」をクリックします
  5. テーマファイルを選択したら「今すぐインストール」をクリックします。
    「今すぐインストール」をクリックします
  6. 自動的にインストールが開始され、正常にインストールされたら「テーマのページに戻る」をクリックします。
    「テーマのページに戻る」をクリックします
  7. テーマ画面にインストールしたテーマが表示されていることを確認します。
    インストールしたテーマが表示されていることを確認します
  8. テーマの画像の上にマウスをポイントすると「有効化」「ライブビュー」のボタンが表示されるので、「有効化」をクリックするとそのテーマが有効になります。
    「有効化」をクリックするとそのテーマが有効になります

「Garyu」の場合、テーマ本体だけでは装飾らしいことをほとんど行っていません。子テーマを同様にインストールし、子テーマを「有効化」することで当サイトのような装飾を行うことができます。

テーマの設定について

テーマごとに設定できる内容や手法が異なるため一概には言えませんが、たいていのテーマファイルの設定はダッシュボードのメニューから選択するようになっていると思われます。

「Garyu」の場合は、ダッシュボードのメニューから「設定外観」→「garyu設定」を選択します。

garyu設定

「Garyu」で設定を行うのは以下の通りです。

Google アドセンス

Google アドセンスの設定はGoogle アドセンスを利用しており、かつ自動広告を使用する場合に行ってください。Google アドセンスを利用しているが、自動広告は使用しない場合、設定は不要です。

設定する内容はGoogle アドセンスにログインし、「アカウント」情報画面に表示される「サイト運営者 ID」になります。

「サイト運営者 ID」

Google アナリティクス

Google アナリティクスの設定はGoogle アナリティクスを利用している場合に設定します。

設定する内容はGoogle アナリティクスにログインし、「管理」→「プロパティ設定」を選択して表示される「トラッキング ID」になります。

「トラッキング ID」

あとは「Garyu」が適切にトラッキングコードを埋め込みます。

Twitterカード

TwitterCards
Twitterカードを使用する場合に設定します。

アカウント

TwitterページURLのXXXXXXX部分を入力してください。@は不要です。

カードの種類

「Summary Card(標準)」もしくは「Summary Card with Large Image(大きな画像)」を選択します。

使用されるカードの画像について

Twitterカードに使用される画像は以下の状況に従って設定されます。

投稿ページ・固定ページの場合
  1. アイキャッチ画像が登録されている場合、その画像が設定されます。
  2. アイキャッチ画像が登録されておらず、記事内に何らかの画像が挿入されている場合、記事の最初に挿入されている画像を設定します。
  3. アイキャッチ画像が登録されておらず、かつ記事内に画像が挿入されてない場合、子テーマフォルダ内「images」フォルダのnoimage.pngファイルがあれば、その画像を設定します。
  4. 上記全てに該当しない場合、「Garyu」テーマが用意しているnoimage.pngファイルを設定します。
投稿ページ・固定ページ以外の場合
  1. ヘッダ画像が登録されている場合、ヘッダ画像が設定されます。
  2. ヘッダ画像が登録されてない場合、子テーマのテーマ画像(screenshot.png)を設定します。
  3. ヘッダ画像が登録されてない場合、かつ子テーマのテーマ画像(screenshot.png)がない場合、「Garyu」テーマのテーマ画像を設定します

ブログカード

ブログカード
固定ページ、投稿ページでブログカードのショートコードを使用した場合の初期値を設定します。

カードの種類

表示されるカードの外観を選択します。

  • サムネイル・タイトル・抜粋記事
  • タイトルのみ
クラス名

ブログカード全体をまとめる <article> タグに設定されるクラス名を入力してください。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は一般的なWordPressテーマのインストール手順に沿って、「Garyu」のインストール手順について解説しました。

WordPressテーマのインストール自体はそれほど難しいものではありません。また「Garyu」の設定も僅かであるため、作業自体は短時間で終わることでしょう。

ただし、ここから自分好みにブログを作り上げるためには、もう少し手間をかける必要があります。次回は子テーマを使用したWordPressのカスタマイズの仕方について解説したいと思います。

関連する記事