縦ぽん!!

ブログやウェブサイトを運営している方であればSEO対策などで「meta descriptionに検索順位上昇効果はありません」というような説明文を見かけたことないでしょうか。

確かにSearch Consoleヘルプを読んでみても、meta descriptionについて検索順位に影響するというような記述は見当たりません。代わりにこのような説明文があります。

一般的に、メタ ディスクリプション タグはページの内容を簡潔かつわかりやすく要約したもので、ユーザーの関心を惹くものである必要があります。つまり、そのページがまさに探していたものだとユーザーに確信させる、宣伝文句のようなものです。

この説明文から「meta descriptionを正しく取り扱うことで、ユーザーに対してページの概要を正確に説明することができる」ということがわかります。

SEO対策のページでmeta descriptionに検索順位上昇効果がないと書かれているからと言って、meta descriptionを疎かにしてないでしょうか。役割を理解し、正しく使うことでmeta descriptionは有効に活用できるのです。

meta descriptionの役割

改めてmeta descriptionについて説明すると、「ページの説明のための情報」ということになります。メタデータの一つである「description」を使って、短い文章でそのページを説明するというわけです。

そのため、meta descriptionは全てのページで必須ということではありません。動的なウェブサイトの検索結果やカテゴリーの一覧など、Googleの検索結果に表示しなくてもよいページには説明文は必要ないからです。

逆にトップページはもちろん、それぞれのページについては、適切なmeta descriptionを用意した方が良いということになります。meta descriptionがあることでGoogleはページの説明(スニペット)として使用する可能性があるからです。

meta descriptionの活用法

meta descriptionの役割が分かったところで、実際に活用するにはどのようにするのが良いのでしょう。

ページの内容を端的に説明する

meta descriptionの本来の目的です。このページには何があるのか、何を説明しているのか、といった説明をそのまま記します。「要するにこういうこと」を書けばよいのです。そのためあまりだらだらと書くのはおすすめしません。

文字数は気にしなくてよい

meta descriptionに関する説明でも「〇〇文字以内に収める」といったことをよく見かけますが、文字数を気にする必要はありません。Googleの方針で変わることを気にしても仕方がないからです。短い文章で書くことを意識するだけで良いでしょう。

キーワードはなるべく含める

検索順位に影響を与えないと言っても、スニペットとして使用されることが目的なので、キーワードは含めた方が良いでしょう。

タイトルで書けなかったことを書く

タイトルでは十分書けなかった伝えたいことを積極的にmeta descriptionに含めましょう。

同じ内容のmeta descriptionを複数ページで使用しない

meta descriptionはページの内容を説明するためのもの、ということを理解すれば、同じ内容のmeta descriptionを複数ページで使用すべきではないことはお分かりいただけると思います。

WordPressでmeta descriptionを使うには

WordPressではmeta descriptionに関する特別な設定は用意されていません。そのため、テーマファイルや使用するプラグインによって取り扱いが異なります。

投稿ページのソースを表示して「meta name="description"」といった文字列が含まれている場合はテーマファイルや使用するプラグインが適切に処理を行っているということになります。

もし、テーマファイルやプラグインでmeta descriptionを取り扱ってない場合、以下の内容を参考にテーマファイルに手を加えるとよいでしょう。

WordPressテーマ「Garyu」でのmeta descriptionの取り扱いについて

拙作のWordPressテーマ「Garyu」ではバージョン0.1.13より、以下のルールに従ってmeta descriptionを取り扱うようにしました。

  • トップページではWordPressの一般設定「キャッチフレーズ」の内容をdescriptionのcontentとして使用します
  • 投稿ページ、固定ページでは「抜粋」に記載がある場合、descriptionのcontentとして使用します
  • その他の条件ではmeta descriptionは組み込まれません。

「Garyu」のheader.phpには以下のようなコードが含まれています。ルールに従ってmeta descriptionをどのように組み込むか、判定しているところです。そのまま使えるものではありませんが、参考にしてみてください。

<!DOCTYPE html>
<html <?php language_attributes(); ?>>
  <head>
    <?php
      $tracking_id = get_option('tracking_id');
      if (!is_user_logged_in() && !empty($tracking_id)) : get_template_part('tp_analyticstracking'); endif;
      $site_manager_id = get_option('site_manager_id');
      if (!empty($site_manager_id)) : get_template_part('tp_googleadsense'); endif;
    ?>
    <meta charset="<?php bloginfo('charset'); ?>">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0, user-scalable=no">
    <meta name="format-detection" content="telephone=no">
    <?php if (is_home() || is_front_page()) : ?>
      <meta name="description" content="<?php bloginfo('description'); ?>">
    <?php elseif (is_singular() && has_excerpt()) : ?>
      <meta name="description" content="<?php echo get_the_excerpt(); ?>">
    <?php endif; ?>
    <?php
      $twitter_card_account = get_option('twitter_card_account');
      if (!empty($twitter_card_account)) : get_template_part('tp_twittercard'); endif;
    ?>
    <?php if (is_home() || is_front_page() || !is_singular()) : ?>
      <?php if (!is_home() && !is_front_page()) : ?>
        <meta name="robots" content="noindex, follow">
      <?php endif; ?>  
      <title><?php bloginfo('name'); ?></title>
    <?php else : ?>
      <title><?php echo get_the_title(); ?> | <?php bloginfo('name'); ?></title>
    <?php endif; ?>
    <?php wp_head(); ?>
    <?php get_template_part('tp_header_scriptloader'); ?>
  </head>

meta descriptionに関する興味深いこと

「meta description」のキーワードで検索した結果を見てみると面白いものが見られます。みなまで言う必要はないと思いますので、ここでは触れないことにします。

まとめ

meta descriptionは適切に取り扱うことで、検索結果画面でのクリック率を上げることが期待できます。ユーザーが求める情報がこの先にあるかどうかを見分ける材料となるからです。以下のポイントを意識してmeta descriptionを活用してみてください。

  • meta descriptionは「ページの説明のための情報」
  • 検索順位に影響は与えないが、ユーザーの関心を惹くものとして取り扱われる
  • スニペットに使用されたmeta descriptionの内容次第ではクリック率に影響を与える
関連する記事