縦ぽん!!

仕事、プライベートに関係なくプログラムのソースコードのヒントをネットから探すことはよくあることで、ネットが自由に使える環境は私にとってなくてはならないものになっている。

サンプルソースなどは全くそのまま使えるということはないにしても、とりあえず試しに使ってみる時などはまるごとソースコードをネットの記述のままコピペするのだが、その際稀にイラっとすることがある。

同じような体験をしたことがある人ならならわかると思うが、プログラムのサンプルソースコードの一部を全角文字で記述されるとコピペしたままでは使えないのだ。

トリックの上田次郎ではないけれど、私は声を大にして言いたい。「何故ベストを尽くさないのか?」と。

ブログなどでソースコード(の一部)を公開されるのは結構。しかし、言い方は悪いが「そのままコピペして使えないものを公開して恥ずかしくないのか!?」と思ってしまう。公開する自己満足で完結し、実際に利用する立場への配慮がないのは残念で仕方がない。他人のソースを丸ごとコピペした(けど、正しく書けないので誤魔化した)だけなのでは? と邪推するくらいに……。

例えば<、>、&を<、>、&で誤魔化しているものだろうか。ウェブ系のサンプルによく見受けられるが、これらの文字は全角文字で書かずとも文字実体参照(実体参照)で記述できるのだ。わずかな手間をかけることで正しく伝えられるのに、その手間を怠っているために「私は文字実体参照を知らない」ということを公言しているのと同じだということに気付いてほしい。

Wikipedia以外にも文字実体参照(実体参照)に触れているサイトは数多くあるので、知らなければこの際ググって理解しておくことをお奨めしたい。あわせて文字実体参照(実体参照)に限らず、HTMLに関する説明をわかりやすくまとめているサイトがあるので紹介しておく。

ごく簡単なHTMLの説明

如何せん、古くからあるサイトなので情報の鮮度では他の有益なサイトに及ばないものがあるが、HTMLの基礎を正しく理解するには有効なサイトだと思う。私自身、HTML3.2を勉強していた当時に大変お世話になったもので、ここの情報に触れてなければ、HTMLを正しく理解出来なかったかもしれない。

殆ど愚痴なんだけど、(少々乱暴な表現だが)書かずにはいられなかったので。特定の人物に宛てたものではないので、念のため。常時SSL化について調べていただけなのに、とあるサイトの記述をみて調べ物を続ける気持ちをへし折られてしまった……。

関連する記事