縦ぽん!!

ブログの文章を最後まで読んでもらうために大事なのは、どのようにして興味を持ってもらい、内容に目を通してもらうか、ということだろう。そのために読者の気を引くようなタイトルを一生懸命考えたとしても、肝心の文章がダラダラとまとまりのないものであったら、読者は読むのを途中でやめてしまうかもしれない。

WordPressの場合だと、タイトルを決めてあとは漠然と文章を書いたとしても、ページとしては成り立つようになっている。だがそれでは文章全体の構成が分かりにくいし、どのようなことを書いてあるかということを読者に伝えにくくなってしまう。そうならないために、文章を章立てて書くように意識したい。

章立てて書くことを意識すると、全体の構成が分かりやすくなるし、内容は整理された状態になる。また、章立てをすることで見出しを作ることが容易になるため、要点を読者に伝えやすくなり、内容を読んでもらうよう誘導しやすくなるという利点も生まれてくる。

今回は読んでもらう文章を書くための取り組みとして「章立て」を行う手順や「見出し」の書き方、関連した情報としてウェブで実際に記述する場合のHTMLマークアップについて触れようと思う。

章立てを行うと文章全体をまとめやすくなる

「章立て」と書くと難しく感じるかもしれないが、要は伝えたい内容を整理するため作業と思えばいいだろう。要点をまとめ、伝えるべき事をもれなく書き出すための前準備だ。これがしっかりできていると読みやすい、わかりやすい文章を書くことができるだろう。

「伝えたいこと」ことを箇条書きする

まず最初に「伝えたいこと」を箇条書きにすることから始めてみる。とりあえず思いつくままで良いので、要点を全て書き出すことが大事だ。

「伝えたいこと」をグループ分けする

一旦書き出した箇条書きはグループ分けすることで、類似するものが見えてくるし、不足するものに気づくことがある。類似するものはまとめるなり細分化して、余分なものがあれば削除する。もちろん足りないものがあれば書き足していく。

「伝えたいこと」を並び変える

箇条書きをグループ分けしたままでは全体の流れがバラバラで、「伝えたいこと」としてはまだまとまってない。順を追った流れをつくり、意味が正しく伝わるよう整理することが大事だ。例えば、問題解決のための説明であれば次のような順になる感じだ。

  1. 問題提起のグループ
  2. 解決策ののグループ
  3. 結果のグループ

章立てを基に本文を記述することで文章がきれいにまとまる

章立ての整理が済んだらようやく中身となる文章を記述する。整理された章立てが骨組みとなっているので、出来上がった文章全体はきれいにまとまっているはずだ。もし文章全体に違和感を感じるようであれば、章立ての作業が十分ではなかった可能性がある。そのような場合は一度章立てを確認してみるとよいだろう。

章立てした箇条書きから見出しを作る

章立てした箇条書きをまとめると、そこから見出しを作ることができる。見出しがあると、読者は文章に目を通す前にどのようなことが書かれてあるか、一目でわかるようになる。良い見出しは読者を文章へ誘導するきっかけとなるため、見出しを積極的に作るようにしたい。

見出しの表現は端的にわかりやすくする

見出しは端的にわかりやすく書いた方が良い。本文を読む前に伝えたいことをストレートに書くことで、読者を文章へうまく誘導するためだ。例えば「歩き方を変えることで簡単に痩せられるその方法とは」という見出しにすることで「簡単に痩せる方法が歩き方にある」ということが読者に伝わりやすくなるだろう。

見出しの数値や具体例で説得力を高める

見出しに数値や具体例を加えることで、読者に対する説得力を高めることも効果的だ。先ほどの例に数値を加えて「歩き方を変えることで簡単に1kg痩せられる!?」という見出しにすると、具体的な効果を読者に示すことができる。

見出しにベネフィットを加えることも効果あり

ベネフィットとは利益や満足感といったことを意味する言葉だが、ベネフィットを見出しに加えることで、読者に対して得られる恩恵を伝えることができる。ただし見出しにあれこれ書きすぎると冗長になってしまうため、無理にベネフィットを加えなくても良いだろう。例えば「彼氏を見返してやれる!! 歩き方を変えることで簡単に1kg痩せられるその方法とは」という見出しではくどい印象を与えてしまう。

見出しは後で書き直しても良い!?

小学校で作文を書くときに、タイトルを書いたものの、本文をなかなか書き進められなくて困った経験はないだろうか。見出しも同様に文章を書きだす前に先に書いてしまうことで、それにしばられて思うように文章を書けなくなってしまうこともあるだろう。とりあえず漠然とした見出しをつけて文章を書き、後で内容にあったものに書き換えるのも一つの方法だ。

見出しをまとめれば目次ができる

見出しをまとめるとそれが目次になる、ということはすぐに理解できると思う。目次が最初の方にあれば、読者は文章の概要や要点を理解しやすくなる。文章の量にもよるが見出しの数がそれなりにあるなら、目次を用意する配慮が欲しいと思うのが読者側の意見ではないだろうか。

「章立て」や「見出し」をマークアップに反映させる

章立ての作業や作った見出しをマークアップに反映させることはあまり難しい話ではない。HTML5であれば章立てでまとまった一つの文章はそのまま section タグで括ることができるし、見出しは適切な h タグを付けることができる。

これは文章全体を正しく構造化し、Googleなどの検索エンジンがページの構造を解析するための手助けにつながるはずだ。SEO対策に直結する話ではないが、取り組んでおいて損はない。上の方で上げた問題解決のための説明を例にすれば、コンテンツの主要部分は次のようにマークアップできるだろう。

<main>
  <article>
    <section>
      <h1>問題解決のための説明</h1>
      <section>
        <h2>問題提起</h2>
        <p>本文……</p>
      </section>
      <section>
        <h2>解決策の提示</h2>
        <p>本文……</p>
      </section>
      <section>
        <h2>結果</h2>
        <p>本文……</p>
      </section>
    </section>
  <article>
</main>

マークアップとしては非常にシンプルだが、文章のまとまりを section タグで括り、その中にそれぞれの見出し h タグを付けている。このマークアップであればおそらくGoogleなどの検索エンジンは構造を正しく解析できるはずだ。ただし article タグや section タグは正しく使わないと構造がおかしくなるため、理解が十分でないなら無理に使わなくても良いだろう。

h タグの書き方には留意点がある

SEOに関する記事で h タグに触れているものをよく見かけるが、中には正確でない書き方をしているものがあるので、なるべくならそこに書かれている内容だけを鵜呑みにせず、同様の話題に触れている他者の記事も参考にした方が良いだろう。

例えば h1 タグの場合だと、HTML5においては複数あっても問題ないことになっているが、これをGoogleが決めたことのように受け取れる書き方をしている記事が少なからず存在する。Googleは問題ないといっているから大丈夫、という書き方は正確ではなく、「Googleでは h1 タグが複数あっても問題がないように処理している」と解釈した方が良いだろう(ひどいのになると「h1 タグを複数回てもいいけどルール違反」というようなことを平気で書いてあるものある)。

h タグの正しい使い方を理解すれば、 h1 タグは同一ページに複数あっても何も問題がないことはわかるはずだ。しかし、効果的に h1 タグを複数使うのは難しく、他の article タグや section タグと組み合わせて使わないと、構造的におかしな記述になる可能性が高い。h1 タグを複数使う事にこだわるくらいなら h2 から h6 までを上手に使った方がより分かりやすくなるというものだ。

WordPressで h1 タグを使うときは注意が必要

WordPressで h1 タグを使うときは注意が必要だ。テーマの中にはSEO対策として投稿・固定ページのタイトルを h1 タグで括るような作りになっている可能性があるためだ。どのようなコードが生成されるかはテーマ次第なので、作成した記事のソースコードから、h1 タグがどのように使われているか確認しておいた方がよい。タイトルが h1 タグで括られているのであれば、無理に記事本文で h1 タグを使用しない方が良いだろう。

手前味噌で大変恐縮だが、拙作のWordPressテーマ「Garyu」も他のテーマの手法に倣っているため,、タイトルは h1 タグで括っている。さらに、本文を article タグや section タグで括っているため「Garyu」を使用する場合、見出しを括るタグは h2 タグ以降を使用すれば問題ない。

読みやすい整理された文章で読者を魅了しよう

読みやすい整理された文章は読者に著者の意図を正しく伝えることができる。「章立て」の作業は慣れてないと時間がかかってしまうが、理路整然とした文章を書くためには避けて通れないと考えてよいだろう。良い文章が書かれているブログであれば、他のページにも訪問してもらうチャンスが増えるし、リピーターとして再訪問される可能性も高くなるからだ。

せっかく時間をかけて書く文章なのだから、なるべく多くの人に目を通してもらえるよう、できるだけの努力は惜しまないようにしたいところだ。

関連する記事