縦ぽん!!

PCのリスニング環境改善その1の続きということで、アクティブスピーカーの選択に移るのだが、これはUSB DACほど迷うことが無かった。


まず、USB DACとアクティブスピーカー両方で予算は2万円程度と決めていたので使える費用はだいたい1万円程度。この価格帯でそこそこ評判が良いスピーカーなんてかなり限られてしまう。さらにUSB DACと同様に限られたスペースに置くことを考えると、なるべく小型なものを選ぶしかない。

ということで、さくっとFOSTEXのPM0.3に決めた。

USB DACをDR.DAC2に決めたことで当然ながらアクティブスピーカーにヘッドフォン端子はいらないし、PM0.3の欠点? といえるボリュームが本体背面にあることもLine outの音量がDR.DAC2でコントロールできるから全く問題が無い。

なによりDR.DAC2とPM0.3の両方の購入金額がほぼ2万円で収まる見込みというのが一番のポイントだったかもしれない。このくらいの金額でリスニング環境が良くなるならそれほど高い買い物ではないだろうし、仮に期待どおりに良くならなかったとしても痛い出費ということにもならない。

などと、勝手に納得して両方の機器を買い揃えたのだった。

関連する記事