縦ぽん!!

iTunesを入れているWindows PCのCドライブの空き容量が少なくなってきたので対策してみることにした。
iTunesはiPhone、iPadのバックアップやアプリなどをCドライブに保存する。複数のデバイスを頻繁にバックアップしたり、私のように無料セールだからと無暗にアプリを入手しているとあっという間にCドライブの空き容量を消費してしまう。
iTunesの設定を変更することで「iTunes Media」フォルダは変更できるが、バックアップの保存先は変更できない。ただし、シンボリックリンクを使用することで、実際の保存先を変更することは可能だ。

シンボリックリンクを使用してiTunesのバックアップの保存先とついでにアプリの保存先を変更する手順は次のようになる。バックアップの保存先フォルダについては隠しフォルダとなっているのでエクスプローラーの設定を事前に変更しておくこと。

既存データを変更先に移動する

iTunesのバックアップの保存先は

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

となっているのでBackupフォルダごと変更先に移動する。フォルダごと移動するのはシンボリックリンクを使用するためだ。なお、アプリの保存先は

C:\Users\(ユーザー名)\Music\iTunes\iTunes Media\Mobile Applications

なので、アプリのフォルダを変更したい場合も同様にMobile Applicationsフォルダごと移動させると良い。

シンボリックリンクを作成する

シンボリックリンクの作成はコマンドプロンプトより行う(コマンドプロンプトは念のため管理者として実行しておいたほうが良い)。以下のコマンドでシンボリックリンクが作成される。

mklink /d "C:\Users\(ユーザー名)\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup" "(バックアップ変更先のフルパス)"

シンボリックリンクが正しく作成されていればBackupフォルダのプロパティでリンク先がバックアップ変更先のフルパスになっている。

関連する記事