縦ぽん!!

今更だが、GoogleのToDoリストに対応するAndroid/iOSアプリがリリースされていたので、iOS版アプリを中心にGoogle ToDoについて評価してみようと思う。

Google ToDoでできること

まずGoogle ToDoの機能だがあまり書くことがない。必要最低限の機能しかない、と言ってよいくらいだ。

  • やるべきこと(ToDo)をタスクとして、あわせて詳細(メモ的なもの)を記録できる。
  • 必要なら期限を設定できる。期限を設定したらGoogleカレンダー上で確認できる。ただし、時間は設定できない。
  • サブタスクとして関連するタスクを記録できる。ただし、サブタスクには詳細は記録できない。

たったこれだけだ。やるべきことを思いつくままに記録しておき、定期的にやり残したことがないかを確認する、というToDoの基本的な流れを扱うことができる。

優先度をつけることもできないし、他人と共有する機能もない。出来ることが限られている分、使い方を間違うこともない。ToDoを見るという習慣をつける意味でも、気軽に扱えるアプリだろう。

Google リマインダーとの違い

ところでGoogleのサービスにToDoとよく似たリマインダーがあるが、正直この2つのサービスの違いがよくわからない。単独のToDoアプリがリリースされたことによって機能の統廃合が進むのかと思ったが、Googleがそのような動きを見せる気配は今のところないようだ。

ToDoがリマインダーの完全上位互換ではないことから、リマインダーを使用していた人がToDoに乗り換えるというのは難しいかもしれない。リマインダーには繰り返し指定や時間指定ができるがToDoにはその機能がないためだ。私個人はリマインダーができることをToDoに取り込んでしまえばよいのでは、と考えるのだがそう簡単にはいかない事情があるのだろう。

Google ToDoの不具合?

iPhoneにToDo リストアプリをインストールして、しばらく使ってみたところいくつか気づいたことがある。

  • サブタスクを完了状態にしたのち、未完了に戻すとメインタスクとサブタスクの関連付けが解除されてしまう。操作ミスでメインタスクを完了状態にしてしまい、戻そうとしても元の状態に戻らないのはいかがなものか。
  • Calendars 5 by Readdleで確認したところ、ToDoのタスクに期日を指定して期日を超過した場合、Google リマインダーで期日を超過した場合と同じように当日のタスクとして表示される。これはToDo側の問題ではない気がするが、データに問題があるようであれば改善を望みたい。もちろん、カレンダーアプリ側の問題であればそちらの対応もだ。

総評「気軽に扱えるToDoアプリとして使える」

私の場合、ToDoアプリに対しては多くの機能は求めてない。やらなければならないことを忘れてしまわないように記録を残す、これができるだけでGoogleのToDoリストは私の要求を十分満たしている。タスクに優先度をつけたい、他のサービスと連携したい、などといった要望については力不足なので、他のアプリを検討した方が良いだろう。

GoogleのToDoに対する方針が見えてこないため今後の展開が分からないが、少なくともToDoとリマインダーのあいまいとなっている状況は改善を望みたい。

関連する記事