縦ぽん!!

以前、いわゆる「0 SIM」を買ったのだが、しばらくデータ通信してなかった時期があり、自動解約となってしまった。正直、使ってみても遅すぎて使い物にならないうえに、無料で使える上限の500MBを超えると料金的にあまりお得感がないということもあり、使用量を気にしながら使う(維持する)ことが面倒に思えて、自動解約となっても「まぁいいか……」くらいに考えていた。

しかしながら、パケットを家族でシェアしていると愚息がデータ量を食いつぶして、月末近くになると速度が制限されることが多く、いざという時にまともなデータ通信ができなくて困ることがたまにあるため、それなりに使える予備の回線を用意することにした。

あくまで予備の回線として利用するため、データ通信量はそれほど必要ではないが、低速通信(数100kbps)タイプではないものを選択する必要がある。この価格帯のMVNOは種類が多く、どれを選べばよいか悩むところではあるが、データ通信量がそれなりにあり、そこそこの速度が期待でき、ランニングコストを少しでも抑えられる可能性がある楽天モバイルのデータSIM(SMSなし)を契約することにした。

楽天SIMカード

楽天モバイルを選択した理由

データ通信量

微々たるものではあるが、1,000円程度の料金プランの場合、他社MVNOと比較して0.1GB通信量が多い。余ったデータ通信量を翌月に繰り越せることを考えれば、0.1GBでも多い方が良いのは言うまでもないだろう。

通信速度

MVNOの通信速度については楽天モバイルが特別速いということはなく、むしろ利用者数が多いことから他社MVNOと比較しても遅い部類に入ると予想される。コスト優先で選択した場合、どこのサービスを利用しても通信速度に差がないことが考えられるため、速度が多少遅いことについてはある程度目をつぶることにした。無論、使用してみてあまりにも速度が遅いようであれば、他社への切り替えを検討の余地はある。

ランニングコスト

データSIMで低速通信以外の最低料金が3.1GBプランの900円。この価格自体は他社と大きな違いはないが、楽天モバイルの場合は楽天スーパーポイントを月額料金の支払いに使うことができるところが他社とは違うところだ。しかも期間限定ポイントまで無駄なく使用できるため、日常的にポイントを貯めていれば月額料金分を全てポイントで支払うことも可能だ。

もちろん、月額料金を楽天のクレジットカードやデビットカードでの支払いとすることで、その分のポイントが得られるため、僅かでではあるが、支払いに充てる分として還元できるのもメリットと言えるだろう。ということを考えれば、少しでもデータ通信費用を抑えたいなら、楽天モバイルは有力な候補の一つと言えるだろう。

楽天モバイルの申し込み

楽天モバイルは公式ページから申し込むだけで手続き行える。契約手続きや支払手続きに必要なものがいくつかあるが、データSIMの契約なら楽天会員登録情報があれば契約手続きは登録情報を流用できるため、多少手間が省ける。支払手続きはクレジットカードの他にデビットカード、銀行口座からの口座振替を選択できるが、せっかく楽天モバイルを利用するのだから、楽天スーパーポイントが少しでも貯まる方法を選択すべきだろう。

もし、やむを得ない事情でクレジットカードを持てない場合、楽天銀行の口座を開設して、楽天デビットカードを利用するということも可能だ。これならデビットカードを経由した支払いとなるのでポイント付与対象となる。

モバイルルーターL-03Eについて

楽天モバイルのSIMを使用するのはドコモのモバイルルーターL-03Eだ。これは「0 SIM」を購入して間もなく中古品で入手したものだが、なかなか使い勝手が良い。すでに発売から5年以上経過しており、能力的なところは現行機に及ばないが、USBモデムとして利用可能で給電機能があるため、緊急用のモバイルバッテリーとしても使えるのがポイントだろう。

速度面についてだが、下り速度が100MbpsとなっているがMVNOのSIM利用前提ならこんな速度が出るはずがないので全く問題ないし、IEEE802.11a/acに非対応な点も屋外での使用を考慮すると(電波法の規制のため)ほぼ使えないためこちらも問題がない。MVNOでの運用が前提で程度の良い中古品が手に入るのであれば、新品のモバイルルーターを購入する必要はないといえる。

楽天SIMをL-03Eで使用する

楽天SIMをL-03Eで使用するために、APNを設定する必要がある。

  1. L-03Eへログイン

    L-03EとPC・スマートフォンなどを無線LANもしくはUSBケーブルで接続し、ブラウザから「192.168.225.1」へアクセスする。ユーザー名と初期パスワードは以下の通りだ。

    • ユーザー名:Admin
    • パスワード:1234
    L-03Eログイン
  2. ネットワーク設定

    設定情報画面が表示されたら左メニューの「ネットワーク設定」を押下する。

    L-03E設定情報
  3. プロファイル新規作成

    サブメニューの「プロファイル」よりプロファイルの新規作成を押下する。

    L-03Eプロファイル新規作成
  4. プロファイル設定

    楽天SIMのAPN設定情報に従い、プロファイルの設定を行う。

    L-03Eプロファイル設定
  5. プロファイルの適用

    作成した楽天SIMのプロファイルを選択し、適用を押下する。

    L-03Eプロファイル適用
  6. 回線開通確認

    L-03Eが再起動したら、念のため設定情報を確認する。ネットワーク名やFOMA/Xi電波受信レベルの状態が正しく表示されていたら作業完了だ。

    L-03E回線開通確認

モバイルルーターとセットで持ち歩いているもの

モバイルルーターに限った用途ではないが、セットで持ち歩いているのが以下のものだ。

L-03Eとケーブル類

黒いケーブルはL-03E添付のもので、給電利用時に使用する。L-03Eを中古で入手しようとした場合、このケーブルが付いているか確認する必要がある。

白の巻取り式ケーブルは標準USBとMicroUSBの端子になっているケーブルで、MicroUSBとLightningを変換するアダプタを付けている。この組み合わせであればL-03E自体の充電に使用できるし、iPhoneなどの給電にも使用できるからだ。

AUKEYのUSB充電器はモバイルルーターやiPhoneなどを充電するときに使用する。小型でありながら2ポートで合計2.4A出力可能なものだ。このサイズでiPadも充電できるうえ、ケーブルがもう一本あれば2台同時に充電も可能なため、非常に使い勝手がいい。

総評:速度は概ね問題なし

実際に使用してみた感じだが、ネットの評判では「楽天モバイルは遅い」ということではあったが、それほど「遅い」感じはしない。むしろ「0 SIM」より速いと感じるため、あまりネットの評判だけを鵜呑みにはしない方が良いという印象だ。

もちろん「たまたま遅くなかった」だけで、場所や時間帯が異なれば通信状態が変化することは十分考えられる。ある程度の期間使ってみて、平均的に使えるかどうか判断するつもりだ。

余談:楽天Edyを利用して楽天スーパーポイントを貯める

ここであえて明記ことでもないのだが、意外と知らない人がいるのでちょっとだけ触れておくと、楽天Edyを利用すると楽天スーパーポイントを貯めることができる。

普段、コンビニなどでの買い物の支払いを現金で済ませているなら、楽天Edyの利用を検討してみてはどうだろうか。ほとんどのコンビニで使用できるうえ、T-ポイントやPontaポイントなどの加算対象外となるタバコを楽天Edyで購入することで(間接的に)加算対象にできるためだ。



関連する記事