縦ぽん!!

約一年ほど前の話になるが、自宅のインターネットプロバイダを長年使用していたYahoo!BBのADSLからQTnetのBBIQに変更した。

プロバイダを変更したきっかけ

これまで幾度かプロバイダを変更しようと考えたことがあったが、特段ADSL回線で困っていたわけではないので「通信費が高くなる」「(Yahoo!BBの)解約金が発生する」「(ADSLでも)速度に不満はない」「メールアドレスを変えるのが面倒」などの理由から積極的にプロバイダを変える気になれなかった。しかし、ADSLを契約して10数年余り経ち、長年使い続けてきたモデムもさすがにへたってきたようで、通信が不安定になる問題がたびだび発生するようになった。

モデムの電源をON/OFFすることで一時的に状況は改善するものの、根本的には解決しないのでいっそのこと回線契約からすべてを見直すか……と決断し、地元ではYahoo!ADSLの次に通信費が安いBBIQに変更することにした。幸い、契約期間の2年縛りの更新月が近いことがわかっていたので、Yahoo!BBを解約するタイミングとしては絶妙だった。

Yahoo!BB ADSLの解約、BBIQの申し込みから開通まで

Yahoo!BBの解約についてだが、ずいぶん前は「解約手続きがわかりにくい」「電話で問い合わせても(取次部署を)たらい回しにされる」などと言われていたものだが、現在は電話での自動の音声案内で解約の手続きが完了するようになっている。予想と違い、解約の手続き自体はスムーズに行うことができた(解約までの流れなどはネット上の体験談を参考にされたし)。
続いてBBIQの申し込みだが、こちらも非常に簡単……というか、勤め先がBBIQの代理店のようなものなので、ネットでの申し込みではなく、申込書に記載して勤め先経由でBBIQへ申し込むという流れになった。

開通までは大きな問題はなかった。工事日等の日程については工事が多忙な時期にもかかわらず、開通日を私が立ち合いができる土曜日に設定してもらうなど、少々無理なお願いをさせていただいた(おそらく勤め先を経由したことで融通を利かせてもらえたのだろう)。

引き込み工事自体は作業員の方にこちらからの要望(光ファイバーケーブルの入線場所や機器の設置場所など)を伝えて実質1時間程で終了。クロージャーから自宅までの光ファイバーケーブルは事前に取り付けてあったようで、近くの電柱にまとめてあった光ファイバーケーブルをスルスルと伸ばして自宅へと引き込んだだけだったので少し拍子抜けした感じだった。

BBIQは遅い……のか?

さてADSL回線から光回線に変わった結果について、当然のことながら通信速度が体感できるほど変わった……はずだが、スピードテストを行った結果をみて、初めて(データ上から)通信速度が変わったことがわかる。もちろん、ファイルサイズが大きいドライバーファイルのダウンロードやWindowsUpdateの時、DAZNなどのストリーミング配信の視聴の際は通信速度の違いがはっきりわかるのだが、日常的に使用するネットブラウジングやメールの送受信くらいでは体幹的な速度の違いは感じない。これは元々使用していたADSLの通信速度がそれほど遅くない状態だったからかもしれないが……。

通信速度は状態が良い時は上り下りともに平均500Mbps出ている模様。ギガコースで契約しても100Mコースの程度の速度しか出ないというような話題をネットでみかけることもあるから、自宅の通信速度は概ね良好といったところだろうか。通信速度が平均して安定していることから、近隣でBBIQを利用している一般家庭が少ないか、あるいはヘビーユーザーがいないのではと思われる。

そういうわけで、自宅環境に限定していえばBBIQは遅くない、むしろ上り下りともにそれなりの速度が出ているので速いといってよいだろう。
参考までに、週末の日中であるが、速度計測した結果を載せておく。

=== Radish Network Speed Testing Ver.5.2.2.4 β - Test Report ===
使用回線: QTNet BBIQギガコース ホームタイプ
-----------------------------------------------------------------
測定条件
 精度: 高 接続数: 16-16 RTT測定: 速度測定前後/速度測定中
 データタイプ: 圧縮可能性低 測定クライアント: JavaScript
下り回線
 速度: 523.8Mbps (65.47MByte/sec) 測定品質: 96.3 接続数: 16
 測定前RTT: 23.1ms (22.4ms - 24.1ms)
 測定中RTT: 33.7ms (28.7ms - 56.6ms)
上り回線
 速度: 457.6Mbps (57.20MByte/sec) 測定品質: 94.1 接続数: 16
 測定前RTT: 23.1ms (23.0ms - 23.3ms)
 測定中RTT: 41.1ms (28.5ms - 68.1ms)
測定者ホスト: **************.ppp.bbiq.jp
測定時刻: 2018/1/27 14:30:23
-----------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
=================================================================

時々発生する通信障害?

ところで、通信速度は安定していると思われるものの、回線品質の問題なのかわからないが不定期に通信障害? らしき現象に遭遇したことが何度かある。

上の回線速度測定結果の画像は、Yahoo!BB ADSLでの測定結果ではない。BBIQのギガコースで測定した結果だ。計測時の設定は上に載せた速度計測時のものと少々異なるが、それでもこの結果はどういうことだろうか。

いつになくネットブラウジング時の反応が遅くタイムアウトすることもあったため、念のため測定した結果がこれだ。光回線どころか、ADSLの1MBより少々早いくらいという状態で、上りに至ってはISDNですか!? と言いたくなるくらいの酷さだ。流石にこれは何かがおかしいと思い、まずは問題の切り分けのためにONUと光電話無線ルーター(iA201WL4)の再起動を試してみた。再起動後も通信速度が変わらなければ(ONUより外に問題があると思われるため)機器に問題はなく自宅外でのトラブルということになるのだが、再起動後に回線速度が平常時程度に回復したので、機器に問題がある可能性が高くなった。

この時は状態が回復したためそのまましばらく様子を見ることにしたのだが、やはり不定期に通信速度が極端に落ちることが幾度かあり、その都度機器を再起動している状態だ。
何度目くらいからか記憶が確かではないが、ONUは再起動せず、光電話無線ルーターのみ再起動するようにしてみたところ、これだけで通信速度が回復することから、速度低下の原因は光電話無線ルーターではないかと予想している。

品質か機器の能力の問題か定かではないが、同じようなことが頻繁に発生するようであれば光電話無線ルーターの交換を依頼するしかないだろうが、今のところは不定期に発生するだけで、後々無線アクセスポイントとルーターは別のものを取り付けようと考えていることもあり、ひとまずiA201WL4は光電話ターミナルとして動作すれば不問にしようと考えている。

関連する記事