縦ぽん!!

先月のことになるが、今更ながら中古のThinkPad X230を購入した。

わざわざ中古のX230を選択したのはいくつか理由がある。

  1. なるべく低予算で
  2. メーカーがWindows10へのアップグレード対象としていて
  3. なるべく小さく軽く
  4. 手持ちの資産を流用できるもの

という条件をすべて満たすのがX230だったからだ。
例えば1.については言うに及ばずだが、2.についてはWindows10をそれなりに安定した状態で使用するにはメーカーのアップグレード対象であることが望ましく、3.についてはなるべく持ち運びの際の体の負担を軽くしたいという願望があったからだ。
これらの条件を満たすノートパソコンなら他にもあったかもしれない。決めては4.についてで、だ。

X230を購入する以前に使用していたノートパソコンがThinkPad T410で、自宅と職場いずれでもウルトラベースを使用していたのだが、X230はこのウルトラベースをそのまま使用できるのだ。仮にX230の次モデルX240が同じくらいの価格で手に入ったとしても今使っているウルトラベースが使えないためを買い替える必要があり、余計な出費が増えてしまうようでは1.の条件を満たさなくなってしまう。

また、X230とX240の能力の差は使う側からするとそれほど重要なものではない。パソコンの能力が高い方が有利なのはパソコンが頑張っているときで、使う人間が頑張ってコーディングしている時間の方が長いようであれば多少の能力の差は関係がない、と考えているのも理由の一つといえるかもしれない。

まあ、そんなわけでX230をしばらく使っているのだが、これがなかなか良い塩梅で、低予算とはいえそれなりの金額を投資した甲斐はあったと思う。

関連する記事