縦ぽん!!

Windows7のサポート終了(2020年1月14日)まで1年少々となったが、今でもWindows10への無償アップグレードが出来るという話があるようだ。

あれだけうるさく「期限までに(Windows10に)アップグレードしろ」と通知しておきながら、期限が過ぎた今でもアップグレード可能というのはどういうつもりだろうか? という疑問はさておき、(マイクロソフトの思惑はともかくとして)本当に今でも無償アップグレードが可能なのか、検証してみることにした。

検証機

ネットで見かける情報によると、Windows7(もしくは8.1)が正しく認証されたパソコンであれば、Windows10へのアップグレードが可能ということらしい。

この要件を満たし、検証に使用するパソコンを持っていたのは好都合だった。ちょうど「使うことがなくなったから」と譲っていただいたものがこれで、HP compaqの8200 Elite Ultra-slim Desktopというものだ。

ちなみに、このパソコンは過去に無償アップグレードを行ってないはずである(Windows10へのアップグレードを抑制していた)。

Windows10への無償アップグレード手順

今回のアップグレードだが、以下の手順で行った。

  1. 出荷時状態に戻してWindows7の初期状態にする
  2. Windows10のダウンロードページにアクセスし、メディア作成ツールをダウンロードして実行する
  3. (Windows10へアップグレード出来たら)ライセンス認証されているか、確認する

まず1.については省力して、2.の「メディア作成ツールをダウンロードして実行する」についてだが、インストールメディアを作成するのではなくアップグレードをするためなので、ツールを実行した際に「このPCを今すぐアップグレードする」を選択することになる。おそらくライセンス認証について何らかの確認が取れないとWindows10へのアップグレードができないと考えたからだ。
なお、3.についてはともかくやってみるしかない。公式にWindows10への無償アップグレードが可能とされているわけではないので、認証が通らなければ出荷時状態に戻せばよいだけだ。

アップグレードの手順は基本的にウィザードの指示に従っていけばよい。スクリーンショットを保存しなかったのは後の祭りだが、特に難しいものではない作業だ。

ひとつ引っかかったことがあるとすれば、作業途中に「Infineon TPM Professional Package」について、アップグレードと互換性がないためにプログラムのアンインストールを求められたことだろうか。
「Infineon TPM Professional Package」というキーワードについて特に思い当たることもなく、パソコンにインストールされた形跡もないため、アンインストールする方法がすぐにわからなかったのだが、キーワードに該当するフォルダを探し、削除することでアップグレードを進めることができた。

アップグレードするパソコンによっては他にもアップグレードに影響を与えるプログラムを削除する必要があるかもしれないが、基本的にWindows10で使えないものと考えてよいはずなので、ひととおり削除すれば問題ないはずだ。

Windows10へはアップグレードできるのか

アップグレード作業はこのように一部中断するところがあったものの、結論から言うと問題なくアップグレード出来た。Windows10起動後、ライセンス認証を確認したところ、正常に認証されていることも確認できたのだ。

なぜマイクロソフトが今になってWindows7や8.1に対して無償アップグレード出来るようにしているのかはわからない。公式に認められた方法ではないので、無償アップグレード自体は自己責任となるが、今すぐパソコンを買い替える予定がなければ(こっそり)Windows10へアップグレードするのもよいかもしれない。

なお、周知の事実かもしれないが、一度Windows10へアップグレードされたパソコンはWindows10のクリーンインストール(新規インストール)が可能だ。

その際、32ビット版のWindows7を使用していても64ビット版のWindows10をインストールできるのは覚えておいた方が良いだろう。64ビット版のWindows10であれば搭載メモリを無駄なく使えるからだ。

関連する記事