縦ぽん!!

自宅で使用しているLogicoolのマラソンマウスM705で時々不意にスクロールしてしまうことがあったので、気になってメンテナンスしてみた。

マラソンマウスM705とは

マラソンマウスM705はLogicoolから発売されているワイヤレスマウスで電池が約3年持つということで知られている。現在発売されているモデルは末尾にmが付いているが、シリーズを通して大きな違いは無いようだ。

ちなみに自宅と会社で同じタイプのものを使用しているが、自宅のものは知人から譲り受けた比較的初期のモデルで末尾に何もないが、会社で使用しているものは末尾にtが付いている。

バッテリーについて

使用する電池は単三形乾電池2本だが、約3年と長期間使えるため電池交換などをほとんど気にすることなく使えるため、電池がすぐに切れて困るということもないだろう。ちなみにエネループも問題なく使えるので、電池に関する問題はほぼないといってよい。

使い心地はどうか

M705のセンサー位置は少々特殊でマウスの中央ではなく、少々端に寄っている。そのためか、初めてM705を触ってみると自分の意図した位置にマウスカーソルが移動しない場合があるかもしれない。私の場合、その違和感に最初戸惑ったが、特性に慣れてしまえば気になるほどではないため、今では問題なく使用している。

センサーもなかなか優秀で、いわゆるマウスパッドを使用せずとも大抵の机で問題なくマウスの動きに反応してくれるのもありがたい。

ホイールは高速スクロールが可能だが、問題もある模様

ホイールのそばにあるスイッチで、ホイールがカタカタと止まる状態とクルクルと回り続ける状態を任意に切り替えることができる。ページ数が多いPDFを閲覧しているときなどに高速スクロール状態にすると気持ちよくスクロールすることができるのが何気に便利だ。

ただこのホイールは、ロットによるものなのか、自宅のM705は少々調子が悪い。私はホイールのクリックを多用するのだが、ホイールを押し込んだ際にスクロールを誤検知してしまい、意図したところでクリックできないことがある。他にもスクロールを止めた後に数行分戻るような挙動をしたりすることがあるのだ。

メンテナンスでホイールのおかしな挙動は治るのか

自宅のものは中古品ということもあり、こんなものかと半分あきらめていたのだが、マウスの中にごみなどが付着してないか気になってメンテナンスしてみることにした。

M705を分解するにはモデルによってネジの形状が違うようで、M705は六角棒スパナを使用する。私は手元にあったドライバーセットのトルクス(ヘックスローブ)T6を使用して分解した。余談だが、こういった特殊ドライバーのセットを持っているといろいろと役に立つことがあるので、一つくらい持っていると何かと便利かもしれない(まぁ日常で六角でさえ扱うことはほとんどないのだが)。

ネジは最初から見えている一箇所の他にマウスソールを剥がして見える二箇所と電池の向きを表すシールに隠れた二箇所の合計五箇所にある。

マラソンマウスM705

ネジを外して本体を開けてみて分かったが、ホイール付近はおろか、中にゴミらしきものは見当たらなかった。ホイールのスリット付近もよく見てみたが、やはりなにもない。結局、ホイールのおかしな挙動はごみなどの外的要因ではなかったようだ。

念のため内部をエアダスターで吹いて元に戻してみたが、妙な挙動が起きる頻度が心なしか減ったような気がするものの、改善できたとは言い切れない。根本的に解決するにはマウスを変えるしか無いようだ。

新しいマウスをどうするか

マウスの状態が致命的にどうしようもない状態ではないため、今すぐ買い替えるという気は起らないが、もし買い替えるとしたらやはり同じM705を選ぶことになるのだろうか。それはそれで無難なところだが、個人的には久しぶりにトラックボールもアリかな? と考えている。

その昔、マイクロソフトのTrackball Opticalを使用していた時期があり、トラックボールの利点は十分承知している。ただ、マルチモニターで広い画面を使用している現在の環境でトラックボールが快適に使えるかどうか、こればかりは試してみないとわからない。ボールの移動量次第でマウスカーソルの位置が変わるが、精度を上げるとカーソルの移動量が減ってしまうために、代わりに広い画面でマウスカーソルを動かすためにボールを頻繁に転がす羽目になるからだ。

気になっているのは同じロジクールのSW-M570MX ERGOの二つ。どちらもUnifyingレシーバーを使用するので環境の切り替えも簡単だし、いざとなればM705との併用もできる。機能面ではMX ERGOが圧倒するが、価格を考えるとSW-M570の方が現実的かもしれない。高速スクロールがないのを割り切れば……の話だが。

余談:トラックボールを使わなくなった訳

文中で触れたTrackball Opticalだが、ある理由で使用をやめた。それは支持球の摩耗。使い始めた当時は問題がなかったボールの滑りが使い続けるうちにどんどん滑らなくなってしまった。当時、原因を調べて支持球を人工ルビーに交換してみたが、素人が無理やり交換したために微妙に支持球の位置がずれてしまった。滑りはある程度よくなったが違和感が残る結果となってしまい、結局使わなくなってしまったのだ。

ロジクールのトラックボールについて、支持球にまで触れている記事がなかなか見つからなかったのだが、こちらのサイトによればSW-M570、MX ERGOどちらもセラミック製のようだ。人工ルビーほどではないにしても、硬度は十分なはずなので、Trackball Opticalのようにはならないようだが……買って使ってみるしかないだろうか。

関連する記事