縦ぽん!!

Fire TV Stick 4Kが発売されたことで、我が家のFire TV StickもAlexa対応にアップデートされたようなので、早速? Alexa機能をFire TVで使ってみた。

自宅の環境だけかもしれないが、Fire TV Stickのソフトウェアアップデートが済んでいたにもかかわらず、最初は何故か期待通りに動作しなかった。仕方がないのでFire TV Stickを再起動したら問題なく動作するようになったので、何かおかしい場合はFire TV Stickを再起動するとよいだろう(この辺りはパソコンなども同じだが)。

Fire TV StickでAlexa機能は使えるが……

Fire TV Stickのソフトウェアアップデートが済んでいて、音声認識リモコンがあればFire TV StickでAlexa機能が使用できる。やり方は音声認識ボタンを押しながらマイクに喋れるだけ。ただし、Echoを扱うようなウェイクワードは不要。音声認識ボタンを押しているので当たり前だが。

で、例えばPrime Videoを見ようとするときに「○○○を再生して」とか「10分早送り」などと喋れば、それに応答して動作するようになるわけだが……音声認識リモコンを使ってやることではないだろう、という気がする。動画をダイレクトに再生する方法としてはアリだが、それ以外の操作をわざわざ音声認識でやるとは思えないからだ。ただし両手がふさがっているなど、リモコンを操作できない状態のときにEchoを介して操作できるのは便利だろうと思う。

Prime Videoの操作以外では、Alexaスキルを登録すれば(音声認識ボタンを押しながら喋るという手間が増えるが)Fire TV Stickからスキルを使用できる。ニュースのスキルを登録しておけば、ニュースの音声がFire TV Stickをつないでいるテレビから再生されるというわけだ。しかし、スキルを使用するために「音声認識ボタンを押しながら喋る」というのは正直面倒くさい。Fire TV Stick単体でAlexa機能を使いこなすのは無理ではないが、ひと手間増えるため手軽さに欠ける。Echoと組み合わせて使用するのが無難だろうという印象だ。

Alexa機能を使いこなそうとするならEchoだけでも足りない

ところで、私はEcho Dotも所有しているのだが、実はFire TV Stickより早く入手していた。一般販売が始まってすぐだったと思うが、鳴り物入りで登場したスマートスピーカーとやらが、果たしてどんなものか気になって買ってみたというわけだ。で、これが困ったことに使う機会が殆どなかった。

手に入れた直後は、物珍しいということでニュースや天気予報を聞いたり、Google カレンダーと連携してスケジュールを確認したり、Prime Musicで音楽を聴いたり、というような誰でも最初に試してみるようなことはひととおり試してみた。ところが、こういったものは使えばたしかに便利ではあるが、なくても何とかなるようなものばかりで、早々に飽きてしまった。

今回、Fire TV StickでAlexa機能を使えるようになったことで、音声認識のみでEchoからPrime Videoを再生できるようになった。しかし、これだけではTVのコントロールは出来ない。家電をコントロールするにはIoTリモコンスマートプラグなどといったAlexaと連携できる機器が必要となるのだ。

Echoのみを使用した場合、タイマーとしての利用や音楽の再生などといった音声中心なことに限定されてしまい、Alexaが持つ機能の一部しか使用してないことになる。十分に本領を発揮させようとおもうなら、もう一歩踏み込んでIoTリモコンくらい導入することを検討した方がよさそうだ。

幸いなことに、IOTリモコンやスマートプラグはそれほど高価なものではないようなので、何かしらAlexaからコントロールできるものを購入してみようと思う。Echo DotやAlexaの評価はその後で良いだろう。

関連する記事